50歳からの足の悩みに役立つ『足育』のセルフケア情報を紹介します。

『おとなの足育』ブログ

ヒールトップ

http://ashi-kutsu.aji50life.com

靴箱の断捨離・足の健康ベースに靴をチェックする方法

更新日:

はじめに

『この靴、もう少し履きたいな。あとどれくらい履けるだろう?靴箱に靴は沢山あるけれど。』と思うことは多々あると思います。そんな時にチェックしたい箇所をまとめました。

【目次】

チェック項目

1.爪先の高さ
2.ユビの付け根の部分の柔らかさ
3.履き口の高さ
4.土踏まず部分の強度
5.安定性
6.踵の減り具合
7.踵周りの強度
8.中敷き
9.重さ
10.目的

靴チェックのしかた(断捨離・修理・買い替えなどの目安に)

チェック項目

1.爪先の高さ

靴チェック低すぎない

靴の爪先の高さは歩行を助けてくれます。この高さが、地面に着いてしまいそうなほど低い場合は、つまずきやすくなるので、1~2㎝の高さを保っているかチェックします。

よろしければご覧ください⇒転倒予防のための靴選びは、こちら

2.ユビの付け根の部分の柔らかさ

靴チェック柔らかい

足の曲がる位置になりますので、この部分が曲がりにくいと、歩きにくくなるので、しなやかに曲がるかをチェックします。

3.履き口の高さ

靴チェック内側が高い

履き口に鉛筆や物差しなどを載せ、内側が高ければオッケーです。外側が高いと、くるぶしに当たることや、足が不安定にグラついてしまうので、内側が高いままかをチェックします。

足育1号
この靴も自前です。左足は良かったのですが、右足は内外が同じ高さでした。歩き方に問題が・・・。この後で膝を痛め、現在、理学療法士のもとでリハビリ中です。

4.土踏まず部分の強度

靴チェック強い

土踏まずの辺りを押してみて、爪先や踵が持ち上がってしまわないかをチェックします。弱いと持ち上がってしまい、靴が不安定になります。

5.安定性

ヒールトップカタカタしない

この辺りを押して、爪先がカタカタしてしまうのは、踵の接地面が合わなくなってきているためです。身体に負担もかかるので、靴底が平らで、左右にグラつかず安定しているかをチェックします。

6.踵の減り具合

靴チェック紳士靴で1㎝未満

踵からやや外側にすり減ることが多く、減りすぎると疲れやすくなるので、チェックします。5㎜未満で修理するサイクルが、靴にも足にも好ましいように思います。

7.踵周りの強度

靴チェック強い

硬くしっかりしているかをチェックします。折れたり歪んだりしていると、足や身体に負担がかかります。

8.中敷き

靴チェック丈夫

擦り切れなどがないかをチェックします。表面のボコボコはタコなどの原因にもなります。沈み具合なども負担になります。

足育1号
中敷きの表面の革は、専門の靴店などで定期的に張り替えてもらうと、とても衛生的で気持ちいいです。
(´艸`*)足型ついてるね。
足育2号

9.重さ

軽すぎない

軽すぎる靴は、身体を支え切れず膝や腰に負担がかかります。

10.目的

合っている

よくいわれるのは『何処へでも履いていける便利な靴』ですが、ということは、『何処へ履いて行ってもなんとなくしっくりこない靴』といえますので、しっかり目的に合っているかもチェックします。

形や機能が目的に合っていると、足や身体にとっても負担が少ないですし、見た目にも美しいです。

お洒落は足元から。
足育2号


おわりに

足育1号
微妙だなと思ったら靴を持って、専門の靴店に相談に行くのがオススメです。
( *´艸`)足のカウンセリングもしてもらえるかも。
足育2号
足育1号
この方法の靴チェックで断捨離して、靴箱がガラガラになった方もいらしたよ。
それって風水的にもいいのよね。
足育2号
( ◠‿◠ ) ふぉっふぉっふぉっ。
足育七福神さま

  • この記事を書いた人

足育1号

足育アドバイザー®・FHA認定シニア専門シューフィッターなど。

-靴でのトラブル対策
-

Copyright© 『おとなの足育』ブログ , 2021 All Rights Reserved.